« ピョコタンとゆかいな仲間たち | トップページ | 夏のボツ画像まつり »

2005.07.05

害虫退治に使命をかけて

pyoko195
※この記事は一部に残虐な表現を含んでおります。食事中の方、気分の優れない方等は読まれない事をオススメします。尚、画像は記事とは関係ありません


夜中、ピョコタンがバタバタ騒いでいるので、またお友達でも来ているのかと思って様子を見に行ったのですが、そこにはゴ(以下自主規制)をむさぼり喰うピョコタンの姿がありました・・・((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
だから具合が悪くなっちゃったのかな?ピョコタンは。

さて、この記事によると円道寺君はもうじき巨大ゴ(ry)になるらしいのでピョコタンを連れて害虫駆除に練馬まで赴こうかと思っています。だってピョコタンの特技は害虫退治だし(プロフィール参照)、誰かが手を汚さなければならないのなら、そして、誰も手を汚す勇気がないのなら僕がそれをやろう、せめてもの情けだ、最期はピョコタンの手でトドメを刺してあげるから安心して成仏するがいい。(でも結局実行犯はピョコタンで自分の手は汚さない。大人ってズルイね)

|

« ピョコタンとゆかいな仲間たち | トップページ | 夏のボツ画像まつり »

コメント

やっぱりゴキブリを食べるのか、うまいのかなあ、食べるってことは。
お腹の中でゴキブリの卵が孵化してしんじゃた人がいると言う話をきいたことがあるんだけど、猫の仕組みってどういう風になっているんだろうね?

投稿: エンドウジ | 2005.07.07 00:56

どこの国かは忘れたけれど、ゴ(ry料理とか有るくらいだから実は栄養価は高いのかも、ゴ(ry。あと、猫の歯って「すり潰す」用のものが無いのでその分胃の消化能力は人間より上かも知れない、と今思ったのだけれどどうなんだろう?教えて偉い人!

投稿: 鈴木 | 2005.07.07 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 害虫退治に使命をかけて:

« ピョコタンとゆかいな仲間たち | トップページ | 夏のボツ画像まつり »